Archives

的中回収 直近の2週間の予想結果纏め(~12月23日)

下の表は、2007年12月15日~2007年12月23日までの全レース142Rを開催場所、日次毎(12レース単位)に馬連数量化本線6点と数量化単勝・複勝1点について纏めたものです。的中率についてはレース単位で、33.3%であれば12レース中4レースが的中していた事を意味します。回収率は均等買いとして、馬連については12レースで7200円配当があれば100%(600円x12レース)となり、単勝・複勝については12レースで1200円配当があれば100%(100円x12レース)になります。なお、個々のレースの詳しい予想内容は各プロバイダーのリンクを辿れば得られます。

馬場の悪化について課題を残す結果となってしまいました。特に不良馬場になった阪神中京は最悪でした。馬場悪化は多分カオスと言う事になるのではと思いますが、理論的にはカオスをシミュレーションは出来ますが、予測する事は限りなく不可能に近い事なのでしょう。

6_10736_image002

的中回収 直近の2週間の予想結果纏め(~12月16日)

下の表は、2007年12月8日~2007年12月16日までの全レース144Rを開催場所、日次毎(12レース単位)に馬連数量化本線6点と数量化単勝・複勝1点について纏めたものです。的中率についてはレース単位で、33.3%であれば12レース中4レースが的中していた事を意味します。回収率は均等買いとして、馬連については12レースで7200円配当があれば100%(600円x12レース)となり、単勝・複勝については12レースで1200円配当があれば100%(100円x12レース)になります。なお、個々のレースの詳しい予想内容は各プロバイダーのリンクを辿れば得られます。

残念ながら馬連本線6点の回収率は100%を切ってしまいましたが、複勝1点は2週連続で回収率100%以上を維持しました。今年の年末は馬インフルエンザの影響か掴み所無く荒れていますね。

6_25805_image002

的中回収 直近の2週間の予想結果纏め(~12月9日)

下の表は、2007年12月1日~2007年12月9日までの全レース144Rを開催場所、日次毎(12レース単位)に馬連数量化本線6点と数量化単勝・複勝1点について纏めたものです。的中率についてはレース単位で、33.3%であれば12レース中4レースが的中していた事を意味します。回収率は均等買いとして、馬連については12レースで7200円配当があれば100%(600円x12レース)となり、単勝・複勝については12レースで1200円配当があれば100%(100円x12レース)になります。なお、個々のレースの詳しい予想内容は各プロバイダーのリンクを辿れば得られます。

12月8日よりの予想には新しいバージョンを使用しています。結果は下の表の様に非常に良好でした。また、ボックスとタイム合計法による買い目をミックスした方法あるいは単勝・複勝を混合したしたりして安定して高いレース的中率(70%以上)と回収率(100%以上)が得らるか検討しましたが72レースで的中率75%、回収率117%でした。買い目と資金配分は、単勝上位2頭(各4%)、複勝上位1頭(30%)、馬連上位5頭ボックス(10%)、馬単タイム合計法(12%)、ワイド上位3頭ボックス(24%か30%)、3連複上位5頭ボックス(10%)、3連単上位3頭ボックス(6%)でした。

6_8363_image002