Archives

競馬とは

競馬とは複雑系の生命現象であり、その目的は単位時間当たりの移動距離を最大化する事である。その現象を測定する基準単位は速度となります。即ち競走馬の能力は速度で表せることになります。他方、競走馬の能力をオッズで表現できると考える向きが有りますが、これは競馬市場が決める事であり、競走馬の能力とは本来無関係な事柄です。またオッズは効率的市場仮説のウイークフォーム(訂正しました)と考えられ、この分析から必勝法は生まれないと考えています。

新しい競馬予想理論

競馬予想のあたらしい理論体系を提案します。競馬は現在色々な面で行き詰まっています。問題は競馬の常識が異常に非科学的で遅れている事です。例えば血統論は文献考古学のレベルを脱していません。競馬の血統論はAMS(Accelerator Mass Spectrometry-加速器質量分析)に追いまくられている弥生時代の考古学、あるいは神の手が存在した日本の旧石器時代の学会騒動のまだ手前でありロジックとしては、現在の時代にそぐわないものになっていると考えます。競走馬にたいしては遺伝子工学的処置は認められていませんが、親子鑑定にDNA鑑定をもちいるに至っていますので、血統情報の高度化は出来うる限る進めるべきだと思います。品種改良に自然交配しか用いてはいけないとする矜持と遺伝子工学的手法によって調べうる情報を全て開示する姿勢は同時に存在しうると考えますので、現在の血統トンでも理論に終止符打つべき時代がきたのでは無いかと考えます。