Archives

速度理論のすすめ

私の速度理論と数量化分析による競馬予想は、難解な数量化理論とドッキングして発表した為、非常に難解な印象を与えているようですが、競馬を速度で考える部分は、考えて見れば非常に単純なものです。その特長を上げてみますと。

1.競馬予想に共通な言葉を与えている事です。即ち、走破タイムと距離から、誰が計算しても同じ結果が得られる事です。ベイヤーに始まる指数形式は、まず”指数の定義”を理解する必要が有り、その後発生した流派にはまたそれぞれ微妙に定義を変えており、互換性を取るのが難しい状況に有ります。

2.速度は非常に判り易い単位です。例えば”登り坂ではれば速度は落ち、下り坂であれば速度が上がります。またコースのRがきつければ速度は落ち、直線部分が長ければ速度は上がります。つまりコースの形状の特徴を簡単にあらわす事が出来ます。

3.グラフによる視覚化が容易である。また、視覚化による問題点の発見が容易になります。

以上、速度には、これ以外に考えれば多くのメリットがあると思います。これから競馬予想の支援ソフトを作ろうと考えている方は是非速度ベースを採用して頂ければ思います。また、既に予想支援DBを完成されている方は、一度原点に戻って考え直して頂ければと思います。